本文へスキップ

 

  

Japanese Red Cross Society

救急法等の講習とはdetail

人命を救う方法や健康で安全に暮らすための知識と技術を伝えるため、赤十字では5つの講習を行っています。

救急法

日常生活における事故防止、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

水上安全法

水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

また、衣服を身につけ靴を履いた状態で、海や川、池などに落ちたらどのようにしたらよいか、着衣状態を体験し対処する方法を学べます。

幼児安全法

子どもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。
また、災害時の乳幼児とその保護者への支援についても学べます。

健康生活支援講習

誰もが迎える高齢期を、健やかに生きるために必要な健康増進の知識や高齢者の支援・自立に向け役立つ介護技術を習得できます。
また、災害時において、不自由な避難所生活から高齢者を守る為の知識や技術を学べます。

雪上安全法

雪の楽しさを知るとともに、スキー場などでの事故防止や、けが人の救助、応急手当の知識と技術を習得できます。    ※奈良県では、開催しておりません。

資格継続研修

救急員等の資格を取得して2年以上3年未満の方は、4時間の資格継続研修を受講していただくことにより、資格の有効期限をさらに3年間延長することができます。