本文へスキップ

 

  

Japanese Red Cross Society

活動資金へのご協力をお願いします。privacy policy

「苦しんでいる人びとを救いたい」という思いを結集する赤十字の活動に賛同いただき、ご協力をお願いいたします。あなたの街から世界の各地まで人道的活動を展開しています。
その活動は、皆さまからお寄せいただく活動資金のご協力によって支えられています。
日本赤十字社の活動は、「社員」(会員)としてご加入いただいた皆さまからお寄せいただく「社費」(会費)と、広く一般の皆さまからお寄せいただく「寄付金」によって支えられています。
またこの「社費」と「寄付金」を併せたものが「社資」、すなわち赤十字の活動資金となります。

   

赤十字の「社員」(会員)とは?

社員」とは、日本赤十字社の職員という意味ではなく、赤十字を理解、支援してくださる会員のことで、社員は年額500円以上ご協力にいただくことで、誰でも加入することができ、法人単位でも加入いただけます。

社員は、次の権利を有しています。
日本赤十字社の役員、代議員を選出したり、選出されたりすること。
  (ただし法人社員には被選挙権がありません。)
毎事業年度の日本赤十字社の業務および収支決算の報告を受けること。
  (公告をもってこれに代えることができます。)
日本赤十字社に対し、その業務の運営に関し、代議員を通じて意見をのべること。

また、社員としてではなく、寄付金としてご協力いただき赤十字活動へ参加していただくこともできます。
なお、赤十字の活動にご参加いただくことを意義としておりますので、奉仕活動のひとつとしてお考えいただければ幸いです。

社費とは・・・

赤十字の活動に賛同する社員(会員)として社費(会費)を通じ人道的事業に参加するため、年額500円以上のご協力をいただく方法です。

寄附金・・・

赤十字の活動に賛同するが社員としてではなく一般的な寄付金として人道的事業にご協力いただく方法です。

社員制度・・・

日本赤十字社の社員制度は、その前身である博愛社の創立と同時にはじまりました。その時に定められた社則の中に「本社ノ資本金ハ社員ノ出金ト有志者ノ寄附トヨリ成ル」とあり、社員制度の出発点が示されています。以来、規制はたびたび改められましたが、今日までその根本は少しも変わっていません。